フロントブレーキ

バモス・アクティのフロントブレーキパッド、ブレーキローターの交換は作業しやすいので DIYでチャレンジしてみたい人も多いでしょうね。 ブレーキ関係の作業ミスは重大は事故になりかねませんので初めて作業する時は 必ず経験者に監督・検査してもらいましょう。

簡単な作業で慣れてきた頃にネジを締め忘れたりする事が意外とありますので注意してください。 以前、プロの人が整備作業したのを検査していたらブレーキキャリパーのボルトが締まっていなくて ビックリした事があります。

必ず増し締めで確認する癖をつけるか、ネジを締めたらメモにチェックして締め忘れが無いように しましょう。

  バモスアクティ系フロントブレーキ      

バモス・アクティのブレーキパッド点検、交換

ブレーキキャリパーは上下2箇所のボルトで固定してあります。
ボルトの頭は12mm、スライドピンの方は17mm

普通はボルトをメガネレンチやソケットレンチで緩めると良いですが、スライドピンが 供回りする場合はスパナレンチでピンの方を固定すると良いです。

画像のメガネレンチは、よく工具セット等で見掛ける角度がついたタイプではなく ストレートタイプです。ボルト頭をナメ難いので基本的にストレートタイプを使用して ストレートでは作業し難い場所の場合は角度付タイプを使用します。

  バモスアクティ系フロントブレーキキャリパー      

ちなみにブレーキパッドを交換するだけであれば下側ボルトを外すだけでも

キャリパーを持ち上げてパッド交換することが出来ます。

  バモスアクティ系フロントブレーキキャリパー取り外し      

ボルト外すのが1本増えてもそれ程手間は変わりませんので、

キャリパーを取外してヒモか針金でコイルスプリングにぶら下げて置きます。

  バモスアクティ系フロントブレーキローター      

ブレーキローターも交換したい場合はキャリパーブラケットとローター固定の皿ビスを 外すとローターが取外せます。

キャリパーブラケットのボルトは結構強く締まっていますので力が掛けれる工具を準備しましょう。 皿ビスは一度も緩めたことが無い場合は結構固くてプラスドライバーで緩めるのでネジ頭をナメる 可能性が高いので適正サイズのドライバーを使用しましょう。

キャリパーを外す前にブレーキを踏んでもらってローターを固定した状態で 皿ビスを緩めた方が作業しやすいです。

  バモスアクティ系キャリパーブラケット      

矢印部分がキャリパーブラケットのボルトです。

ブレーキパッド交換時にはキャリパーのスライドピンのグリスアップも同時に行ないます。 スライドピンのゴムブーツが破れていると水が浸入してピンが錆びて固着しているケースも あります。内側のパッドばかり磨耗している場合はピン固着している可能性がありますね。

  バモスアクティ系キャリパースライドピン      

取外したスライドピン

取り外し作業している時に2本のピンに違いがある事に気が付けば結構観察力がありますね。 まず分かりやすいところでメッキ処理の違いにより色が違います、さらによく見ると 金色のピンの方は3方向面取りしてあり断面形状が異なります。

形状の違いについては、以前メーカー本社に問い合わせて確認をしたことがあります。 メーカーの人もなぜ違う形状にしているのか即答できる人が居られ無かったので数日掛けて 設計の方に確認してもらったところ、ピンと穴のクリアランス設定が異なり、 よりクリアランスを狭くしているピンの方はグリース切れを起こしやすいので グリース保持しやすいように3方向面取りが行なわれているそうです。

ディーラーの人に聞いても知らないかもしれませんね。

  バモスアクティ系ブレーキキャリパーシールの確認      

外したキャリパーはブレーキオイル漏れが無いか確認しましょう。

ブレーキオイル漏れしている場合はピストン側のブーツを少しめくるとオイルが出てきます。 ゴムブーツに破れが無いかも入念にチェックします。

ブーツに穴があると内部に水が浸入してピストンが錆びる可能性が高くなります、 ブレーキパッドが減るとピストンが出てきますからより錆びる可能性が高くなります。 ギリギリの厚みまでパッドを使用して新品パッドに交換するときに錆びたピストンを そのまま押し込んで戻したためにピストンシールを傷めてオイル漏れというケースも ありますので注意しましょう。

  シリコーングリース・ブレーキパッドグリース      

上はシリコーングリース、下はブレーキパッドグリース

古いグリースを拭取って新しいグリースを塗って組付けます。

ブレーキグリースを検索

  バモスアクティ系ブレーキパッドにグリースを塗る      

パッドは取外したときにグリースが塗られている部分を確認しておきましょう。 接触部には全てグリースが塗ってあると思います。

ブレーキパッドとローター接触面は作業中に触って油分が付着している事があるので ブレーキクリーナーで洗浄しましょう。

  ディスクブレーキピストンツール      

新品ブレーキパッドに交換する場合はキャリパーピストンを押し戻さないと入りませんから ディスクブレーキピストンツール を使用してピストンを戻すと良いです。

タイヤレバーやウォーターポンププライヤーでも戻せないこと無いですけど、最近は 専用工具も安くで販売されています。

バモス・アクティのフロントブレーキ系のボルト締め付けトルクは

ブレーキキャリパー 23N・m(2.34kgf・m)
キャリパーブラケット 108N・m(11kgf・m)

※せっかくジャッキアップして作業するので、タイヤを外す前もしくは作業完了後に タイヤの上下を持ってハブベアリングのガタを確認するようにしましょう。

inserted by FC2 system